クレジットカードにはいろいろな種類のカードがありますが、まずは何よりもクレジットカード審査に通ることが第一になります。

仮にクレジットカードの申し込みをしたのに、審査に落ちてしまった場合・・・、申し込みの記録として信用情報機関の記録に残ってしまいます。

さらに、短期間のうちに何社もの審査に落ちてしまうと、申込みブラックという状態になってしまい、「どこのクレジットカードも作れない」、ということになるかもしれません。

まず、一般的に、銀行系クレジットカードは審査が厳しいといわれています。一方で、流通系クレジットカードは、銀行系に比べれば審査は柔軟に対応してくれそうです。

card-erabi01.jpg


さらに、審査基準が緩い、いわゆる、審査が甘いクレジットカードといわれているのが、消費者金融が発行するクレジットカードになります。

クレジットカード審査では、職業形態を重要視しているカード会社が多いので、主婦や学生、派遣などで働いている人は、こうしたところに申し込むことをお勧めします。

はじめに、消費者金融系のクレジットカードを申し込んでおき、クレジットヒストリーを作った上で、本命のカードに申込というのが賢いやり方かもしれません。

なお、消費者金融系以外でも、作りやすいクレジットカードはいくつかあります。その代表といえるのが、テレビCMでもお馴染みの楽天カードです。

審査も柔軟で、主婦や学生はもちろんのこと、自営業者の人でも審査に通っているようです。入会金・年会費は無料、ネットショッピングをよく利用する人には特にお勧めです。



クレジットカードを作るときには必ず審査があることは前回お話ししました。

いくつかの審査項目があって、それにそって行うわけですが、当然ながら、審査に落ちてしまうとクレジットカードを発行することはできません。

クレジットカードを申し込んでも作れないという時には、必ず何らかの理由があるものです。ようは、審査される項目の中に何か問題があるということになります。

一番多いのは、年収や職業などを判断した結果、審査基準に届かないということです。年収が同じ人であっても、職業が会社員や公務員といった「安定している」とみなされている職業かどうかでも、評価が大きく異なることがあります。

そのほか、自営業の方は、会社員に比べ立場や収入などが不安定とみなされてしまうため、どうしてもクレジットカードを作る際には少しハンデを背負うことになってしまいます。

shinsakoumoku01.jpg

もう1つ、過去にクレジットカードの利用やプロミスのキャッシングといった消費者金融の利用でトラブルがあった場合も、審査に通る可能性がかなり低くなってしまいます。

また、過去に持っていたクレジットカードの支払期限にたびたび間に合わず、支払い遅延の常習犯であったような人は、次のクレジットカードで審査に落とされることもあります。

クレジットカードをはじめて持つという方でも、カードローンなどの利用が激しくお金の使い方があまりよくないと見られれば審査に落ちることがあります。クレジットカードやキャッシングの利用は全て履歴が残りますので、カード会社が調べればすぐ事実が判明するからです。


クレジットカードを作る時には、必ず審査というものがあります。カード会社やカードの種類によって審査基準は変わってきますが、いったいどのようなことが審査されているのでしょうか?

クレジットカードが申し込まれ審査が行われる際は、いろいろな項目にそって進めていきます。では、クレジットカードの審査項目にはどのようなものがあるんでしょうか!?

shinsakoumoku.jpg

まず、当然ですが申し込みをした本人の名前は必要になります。名前といろいろな情報を組み合わせることによって、個人のいろいろなことがわかるわけです。

組み合わせる項目としては、性別、生年月日、住所、電話番号などをはじめとする情報になります。これらの項目は審査の対象となるわけです。

そして、収入についても、もちろん審査されます。これは、カード会社やカードの種類によっても審査基準が変わってくる項目でもあります。

ただ一般には、今現在、きちんと仕事に就いているかどうか、仕事をしている場合の雇用形態といったところは、必ず聞かれる情報になります。

場合によっては、何年くらい現在の仕事をしているかなど聞かれることもあります。また、家族構成や結婚しているかなど、審査されることもあります。

その他にも、カード会社やカードの種類によって、審査される項目はいろいろあるようですが、これらの審査項目をクリアすると、クレジットカードが発行されるわけです。